ライトカウンセリングとは?

ライトカウンセリングとは、日常会話に近いコミュニケーションの中で相手の心の活性化や自己肯定感を高めることを目標とした、心的ケアの手法のこと。

当協会顧問の菊本裕三がうつ病予防の視点から生み出した新しい概念です。

ライトカウンセリングの手法は、全部で10の「聞く技術」から成り立っています。
これは、3万件以上の電話サービス・電話カウンセリングの経験からうみ出された、当協会オリジナルの技術(テクニック)です。「聞く技術(テクニック)」を身につけて実践していくと・・・

人から好かれる!
どんな相手ともスムーズに会話ができる!
仕事のチャンスが増える!
自然と周りに人が集まるようになる!
言いにくいことも相手に受け入れてもらいやすくなる!
人から信頼される!
人間関係で悩むことがなくなる!
自分に自信がつく!

これらのことが実現可能となります。
一人ひとりが人生のステージの中で自分らしい思い通りの生き方を実現する。
さらにその能力を発揮できる社会を実現する。結果として公共の利益の増進に寄与することを目的として当協会は設立されました。


主な活動

(1)ライトカウンセリングに関する調査、研究、成果の発表
(2)ライトカウンセリングの普及、啓蒙
(3)うつ病、うつ病予防のためのカウンセリングマインドの浸透教育
(4)ライトカウンセラーの育成、訓練、研修に必要な講座、研修会等の開催
(5)ライトカウンセラーの業務に関する指導、援助
(6)ライトカウンセラー認定試験の実施、登録
(7)ライトカウンセラーの職域開発
(8)ライトカウンセリング講習会、研究会、講演会等の受託及び講師派遣
(9)関係機関、団体等との連絡及び協力
(10)その他 本会の目的達成に必要な事項

主な活動

協会概要

団体名
   一般社団法人日本ライトカウンセリング協会
代表者
   朝倉ゆかり 
所在地
   〒104-0061 
   東京都中央区銀座6−6−1 銀座風月堂ビル5F
電話番号
   03-5537-5246(月〜金)
メールアドレス
   mail@jlca.co.jp


沿革

平成20年07月  「キキウェルメンタルヘルス研究所」として創立
平成25年04月  団体名を「日本ライトカウンセリング協会」に改称
平成25年09月  「一般社団法人 日本ライトカウンセリング協会」として法人化